TV・映画
2014.07.17

映画『チェイン/CHAIN』アキバシアターにて完成披露試写会を開催

チェイン/CHAIN

メディアゲート制作協力による映画『チェイン』の完成披露試写会が2014年7月17日(木)アキバシアターにて行われました。

映画の舞台は新潟県の長岡市がメインのサスペンスホラー。新潟県出身の細井監督と長岡市出身の渡部プロデューサーがタッグを組んだ形だ。注目すべきは海外を意識した映画となっており、撮影クルーのほとんどが現在海外で活躍する新進気鋭のスペシャリスト達で構成されているという事。

そのことからもインディペンデント映画としてはクオリティの高い作品に仕上がっており、すでにロサンゼルスにてジャパン・フィルム・フェスティバルで先行上映されていることからも、海外からの注目度がうかがえる。

Story

新潟県長岡市では、不可解な殺人事件が起きていた。若い女性が拉致され、殺害される。その殺害シーンがネット中継されるという、異常なものだった。県立長岡育進館高校の国語教師・藤崎亜耶乃の教え子・小田嶋奈津美が、この殺人事件の標的になり殺害された。
亜耶乃は、死んだはずの奈津美から送信された謎のメールを機に、奈津美を慕うクラスメートの山崎匠、部活顧問の教師・水沢涼子とともに、事件を追う。
一方、事件を担当する新潟県警の刑事・桜井雄介と後藤のコンビもまた事件を追跡していた。だが、インターネットに展開されるソーシャルネットワークサービス「フリーダム」の存在は、捜査を混乱させていた。
亜耶乃たち、そして桜井たちが錯綜する中、再び同じ長岡育進館高校の生徒・佐藤美沙子が標的となり殺害される。
次々に起こる殺人連鎖(チェイン)。亜耶乃は、桜井と後藤は、この連続殺人の真相に辿り着けるのか?そして、この殺人連鎖を断ち切ることができるのか?

舞台挨拶の壇上には映画初主演の菅井玲、ベテラン刑事役の渡辺裕之、難しいオタクの役を演じた布川隼汰、映画初出演の高橋明日香、ベテラン刑事の相棒役朝山日出男、アクション指導も行った犯人役の井上幸太郎、そして監督の細井尊人一同が顔を揃えた。当日は多くのマスコミ関係者がつめかけ、TVクルーの座席が足りなくなる程の盛況。

渡辺裕之さんからは「脚本を見た時にこれはバケるんじゃないかと思った。少ない予算で世界の記録に残るような興業収益を上げる作品に参加したのではないかと思っています。」と作品の完成度に自信をのぞかせた。初主演の重圧からか、撮影中は泣いてばかりだったという菅井玲さんから「最初から最後までハラハラドキドキする作品になっています。是非皆さま見に来て下さい!」と力強くPR。

『映画』というエンターテイメントとして括るにはチープに感じてしまう程、現実に起こりうる事象をリアルに映し出し、ネットの世界に一石を投じる作品だと思います。是非ともご覧下さい!

本作は2014年8月9日(土)~8月15日(金)20:40~UPLINKにて連日レイトロードショー!
チケットの詳細は公式サイト、チケット販売サイトよりご確認下さい。

チェイン/CHAIN公式サイト
チェイン/CHAIN公式facebook

RANKING

  • 週間
  • 月間

アットオーディション

メディアゲートアクティングスクール